(ラングドックワイン)ラグゼル-No.30330

¥2,420 (税込)

商品NO. 30330
銘柄: LAGUZELLE – ラグゼル
VIN 2018

❖ワイナリー

Domaine Benjamin Taillandier (ドメーヌ・ベンジャミン・タイヤンディエ)
[生産者]
Benjamin Taillandier (ベンジャミン・タイヤンディエ)

❖商品説明

破砕無しで除梗したサンソーをダイレクトプレスのシラーのジュースに12日間漬ける。シラーは醸し無しで全房ですぐプレスしたもの。ラグゼルは畑がある場所の地区名です。

❖商品詳細

国・地域: フランス・ラングドック・ミネルヴォワ
品種: サンソー50%・シラー30%・カリニャン20%
タイプ: 赤
容量: 750ml
畑の場所: –
土壌: 粘土石灰・シスト
樹齢年: 20~40年
原産地呼称(AOC): ミネルヴォワ
農法: ビオロジック
収穫量(hl/ha): 50
酵母: 自生酵母
SO2添加: 有り

❖熟成方法

カリニャンは全房でマセラションカルボニックを15日間。カルボニックを終えてプレスして、シラーサンソーのプレスとブレンド。ブレンドした後はスチールタンクで6カ月間の熟成。

[関連キーワード] 自然派ワイン,ヴァンナチュール,ワイン,ナチュラルワイン,自然派ワイン専門店,直輸入,フランス,ワイン,販売,ギフト,おすすめ,人気,ラングドックワイン


在庫あり

説明

ワイナリーのご紹介

Domaine Benjamin Taillandier
ドメーヌ・ベンジャミン・タイヤンディエ

[生産者]
Benjamin Taillandier(ベンジャミン・タイヤンディエ)

[国・地域]
フランス・ラングドック、ミネルヴォワ

Domaine Benjamin Taillandier (ドメーヌ・ベンジャミン・タイヤンディエ)ベンジャミンは、医者と針治療の先生の息子として誕生したが、ジャン・バチスト・セナやマクシム・マニョン、ジョゼフ・ランドロンのワインに影響されてワインの世界へ。農業及び醸造学のディプロムや経済のライセンスを取得後、ジャン・バチスト・セナの下で働き、2003年から2004年に渡りジャン・セバスチアンのコラボレーターとして働く。2004年から2008年まで、シャトー・クランサックで栽培及び醸造責任者として働いていた時期に、Villeneuve Minervoisに接するブドウ畑に一目惚れ。跡取りがいない子の畑のブドウ木をオーナーが引き抜く直前に、運良く購入。27歳になった彼は、2006年の11月に、このガリッグに囲まれているシスト土壌、グルナッシュやシラーのヴィエイユ・ヴィーニュが植えてある畑からワイン造りをスタート。合成化学は使用せず、ブドウとテロワールを尊重、醸造中もほぼ手を加えない。最大のフレッシュ感を引き出し、喜びを感じるワインを造る事に心掛けている。

>>Domaine Benjamin Taillandier 商品一覧



その他のワイナリーのご紹介


  • Jacques Lassaigne (ジャック・ラセーニュ)
    シャンパーニュ(Champagne)