ワイナリーのご紹介

Lise Et Bertrand Jousset
リズ・エ・ベルトラン・ジュセ

[生産者]
Lise Et Bertrand Jousset(リズ・エ・ベルトラン・ジュセ)

[国・地域]
フランス・ロワール、モンルイ・シュル・ロワール

Lise Et Bertrand Jousset (リズ・エ・ベルトラン・ジュセ)2004年1月にリズ&ベルトラン・ジュセ夫妻によって設立。妻であるリズはニオール出身。農家の家庭で伸び伸びと育ち、フランスやイギリスのレストランで働いていた。夫のベルトランはシャルトル出身の肉屋の家庭で育ち、6年間軍人として働いた後、ブドウ栽培に興味を持つ。ミッシェル・オジェ氏やクリスチャン・コサール氏のもとでワイン造りを学んだ。そんな二人は自然とシュナンブランに対する情熱が重なり、ドメーヌを設立。Lise Et Bertrand Jousset (リズ・エ・ベルトラン・ジュセ)27の区画に分かれた11ヘクタールの栽培面積を持ち、シュナン・ブラン、シャルドネ、ガメイ、グロローを栽培している。全て粘土石灰質土壌からなり、27区画ある畑は東西南北全ての斜面があり、日照量、日照時間に合わせ、栽培を行っている。樹齢100年を超える特別な区画は馬のみで耕作を行い、硫黄や銅の散布も全て手作業で行う。醸造工程では大きな問題がなければSO2は一切添加しない。瓶詰前も同様、ワインを酸素に触れさせた状態で3日間状態を確認し、問題がなければ無添加にて瓶詰を行う。

>>リズ・エ・ベルトラン・ジュセ商品



その他のワイナリーのご紹介


  • Jacques Lassaigne (ジャック・ラセーニュ)
    シャンパーニュ(Champagne)

おすすめ記事