(ボルドーワイン)シャトー・クーレージュ・カップ・ド・フェル・ブラン-No.30166

¥2,750 (税込)

商品NO. 30166
銘柄: Ch. Courreges Cap de Fer Bordeaux Blanc – シャトー・クーレージュ・カップ・ド・フェル・ブラン
VIN 2018

❖ワイナリー

Vignobles Landeau (ヴィニョーブル・ランドー)
[生産者]
Xavier Landeau (グザヴィエ・ランドー)

❖商品説明

2018年は気候も良く、開花も熟成も順調に行った年。フルーティーでありながらしっかりとした、リッチなヴィンテージです。手摘み収穫。

❖商品詳細

国・地域: フランス・ボルドー・コートドブライ
品種: セミヨン100%
タイプ: 白・辛口
容量: 750ml
畑の場所: サン・ヴァンサン・ドゥ・ポール
土壌: 粘土石灰質
樹齢年: 10年
原産地呼称(AOC): ボルドー
農法: リュットリゾネ
収穫量(hl/ha): 35
酵母: –
SO2添加: 有り

❖熟成方法

24時間の定温醸し。除去し、プレス。12時間の澱引き。アンフォラとフランス産オーク樽(33%新樽+50%1年樽)にて6ヶ月間のシュールリー熟成。アルコール発酵後に1回のスティラージュ。ミネラル感豊富でとてもフレッシュなワイン。アンフォラと樽で熟成した結果、滑らかさと上品さに満ちたワイン。年間生産量:5000本

[関連キーワード] 自然派ワイン,ヴァンナチュール,ワイン,ナチュラルワイン,自然派ワイン専門店,直輸入,フランス,ワイン,販売,ギフト,おすすめ,人気,ボルドーワイン


在庫あり

説明

ワイナリーのご紹介

Vignobles Landeau
ヴィニョーブル・ランドー

[生産者]
Xavier Landeau(グザヴィエ・ランドー)

[国・地域]
フランス・ボルドー、コート・ド・ブライ

Vignobles Landeau(ヴィニョーブル・ランドー)19世紀末、樽製造業だったランドー家は、事業の拡大に合わせて徐々にぶどう畑を購入しワイナリーを所有していきました。家族代々引き継がれながら、ボルドー右岸プルミエ・コート・ド・ブライ周辺に23haのぶどう畑を所有し5代目となるグザヴィエ・ランドー氏が1995年から経営に当たっている。 「ワインを造る大事な要素は、テロワール、ぶどう品種、伝統的な農業、そしてこれらをまとめ上げる人間である」「まず果実味!ぶどうの風味を第一に考えたワイン造り」というコンセプトに則って、4ヶ所の畑のそれぞれ異なる環境を生かした個性を表現するワインを造っています。テクニックワインが幅を利かせるボルドー地方で貴重な生産者の1人で、ワイン専門誌で毎年多数の評価を得るワイン愛好家にも人気の生産者です。

■ 栽培方法
現在所有する畑は23haで「AOCボルドースペリュール」を名乗る場所に3ヵ所と「AOCプルミエ・コート・ド・ブライ」に1ヶ所。品種はメルローを主体にして、カベルネの2品種をブレンド。

栽培のポイント
1. 除草剤をできるだけ使わない減農薬「リュット・レゾネ農業」。そのためには区画の隅々まで行き届いた環境管理が必要になります(写真は草が茂ったぶどう畑)
2. 最高60年という高い樹齢によって、品質的に申し分ない果実が得られます「AOCボルドー」を名乗るキュヴェでさえ2・3の区画に当たる12haが、樹齢30年以上
3. 収穫量を抑えしっかりした味わい。このAOCとしてとても優れたコストパフォーマンスを実現

■ 醸造方法
醸造方法 収穫は約20人の季節労働者を雇い全ての区画を手摘み作業。上品なタンニンを考えて全てのキュヴェが除梗を100%実施。(名言「幾ら熟したぶどうでも、梗をかじるとまずいでしょう!?」)その上で控えめで丁寧なマセラシオンを行い、ぶどうの風味とテロワールの個性につりあった構成を生み出します。樽の影響が決して強調されないように、繊細なタンニンを考えた熟成感!!熟成が長いため、澱引きは通常必要ないが、必要であれば伝統的な「卵白」を使って行います。一言で言えば、ビン詰め後すぐ飲みはじめることができるワインです!!

>>ヴィニョーブル・ランドー商品



その他のワイナリーのご紹介


  • Jacques Lassaigne (ジャック・ラセーニュ)
    シャンパーニュ(Champagne)