(アルザスワイン)ラプソディー・ビオ・ブラン-No.30501

¥3,740 (税込)

商品NO. 30501
銘柄: RHAPSODIE BIO Petillant Naturel Blanc – ラプソディー・ビオ・ブラン
VIN 2020

❖ワイナリー

Domaine Gross (ドメーヌ・グロス)
[生産者]
Vincent Gross (ヴァンサン・グロス)

❖商品説明

アルザストップの品質と評価されるGueberschwihr村で栽培されたミュスカを使用。瓶内発酵終了時に3気圧になるタイミングで瓶詰。2020年はオリと酒石の量が多かったため、発酵が終了したのち冬の間外気にふれさせ、酒石を析出させ、2月にデゴルュジュマンを行った。品種由来の香りと、乳酸の味わいのバランスがとても良い。

❖商品詳細

国・地域: フランス・アルザス・ゲベルシュヴィール
品種: ミュスカ・オットネル100%
タイプ: 白微発泡・辛口
容量: 750ml
畑の場所: ゲベルシュヴィール村
土壌: シルト土壌
樹齢年: 25年
原産地呼称(AOC): アルザス
農法: ビオディナミ
収穫量(hl/ha): 20
酵母: 野生酵母
SO2添加: 無

❖熟成方法

手摘み・2日間プレス機内にてスキンコンタクト・ステンレスタンクにて2週間発酵・プヌマティツクプレスにて6時間・残糖12g/Lになったタイミングで瓶詰。

[関連キーワード] 自然派ワイン,ヴァンナチュール,ワイン,ナチュラルワイン,自然派ワイン専門店,直輸入,フランス,ワイン,販売,ギフト,おすすめ,人気,アルザスワイン


在庫あり

説明

ワイナリーのご紹介

Domaine Gross
ドメーヌ・グロス

[生産者]
Vincent Gross (ヴンサン・グロス)

[国・地域]
フランス・アルザス ゲべルシュヴィール

Domaine Gross (ドメ-ヌ・グロス)当主であるVincentの曾祖父であるHanry Grossが1950年に1.5haの畑を購入。当時は栽培した葡萄を販売し生計を立てていたが、1965年から祖父のLouis Grossがワインを造りはじめる。Domaine Gross (ドメ-ヌ・グロス)1980年にVincentの父であるRémy Grossが現在のワイナリーをDomaine Gross設立、畑は2.5haまで増える。南仏やアルザスのクライデンヴァイスでの研修を終えたVincent Grossが2006年より醸造、栽培に加わり直ぐさまビオディナミ農法を取り入れる。2010年にVincentが当主に就任。現在は畑は10haまでに増え、祖父、父、母、Vincent(現在37歳)の三世代でワインを造り続けている。畑の多くは粘土、泥土、石灰。アルザストップのミュスカが生産されるGC Goldertを所有している。品種本来の香りを引き出しテロワールを最大限に表現すること重要視している。エチケットはVincentの息子のLouis君と娘のCharleneが描いた。毎年エチケットのデザインが変わる。

>>ドメーヌ・グロス商品



その他のワイナリーのご紹介


  • Jacques Lassaigne (ジャック・ラセーニュ)
    シャンパーニュ(Champagne)