(ロワールワイン)プレリュードCF・CS-No.30518

商品NO. 30518
銘柄: Prelude – プレリュード CF・CS         
VIN 2020

❖ワイナリー

Domaine de Trivel (ドメーヌ・デ・トリベル)
[生産者]
Sidonie Joggerst & Thomasu Guillon (シドニー&トーマス)

❖商品説明

春先の気温が高く、日照量がとても多かった。そのため樹の生育速度が例年になく早く進んだ。その後も気温の高い日が続いたため多くの畑はでは暑さと水分ストレスの影響から生育がストップしてしまった畑も多くみられたが、耕作をせず雑草を残す事により地中の温度が上がりすぎず、問題なく生育が進んだ。豊富な日照量のおかげでフェノール分の成熟も早く進み、糖分が高くなりすぎないタイミングで熟した葡萄を収穫することができた。タンニン抽出を極力抑え、まろやかで繊細な口当たりのするワインを意識して醸造している。チェリーやブラックベリーの香り。トーマスが言うに何年も寝かせる事ができるとの事。

❖商品詳細

国・地域: フランス・ロワール・アンジュ
品種: カベルネ・フラン40% カベルネ・ソーヴィニヨン60%
タイプ: 赤・ライト~ミディアム
容量: 750ml
畑の場所: 複数の区画をブレンド
土壌: 粘土が混ざったシスト土壌
樹齢年: 40年
原産地呼称(AOC): アンジュ
農法: ビオディナミ
収穫量(hl/ha): 50
酵母: 野生酵母
SO2添加: 無

❖熟成方法

マセラシオン:15日間 全除梗 プレスの仕方:プヌマティックプレス 熟成方法と期間:マセラッション中はルモンタージュもピジャージュもしない。ファイバータンクにて6ヶ月熟成 ノンフィルター

[関連キーワード] 自然派ワイン,ヴァンナチュール,ワイン,ナチュラルワイン,自然派ワイン専門店,直輸入,フランス,ワイン,販売,ギフト,おすすめ,人気,アルザスワイン


説明

ワイナリーのご紹介

Domaine de Trivel
ドメーヌ・ド・トリベル

[生産者]
Sidonie Joggerst & Thomasu Guillon(シドニー&トーマス)
Domaine de Trivel(ドメーヌ・ド・トリベル)

[国・地域]
フランス・ロワール・アンジュ

当主のTomasとSidonieはお互いアルザス出身でトリベルはアルザス語で葡萄を意味する。Tomasは元々大学で音楽の歴史についての研究をしていたが、2015年からワイン造りの道を志すようになった。Sidonieは葡萄農家の娘であったためアルザスでの独立を考えていたが、本人の造りたい何も足さないヴァン・ナチュールのスタイルを両親から強く反対されアルザスでの独立を断念。その時ロワールの多くのナチュラル生産者に会い、感銘を受けロワールに移り住む事を決断。特にL’ange vinから強い影響をうけている。Domaine de Trivel(ドメーヌ・ド・トリベル)夫婦二人で畑を探しながら他の生産者の元で修業を積み、2020年についにAnjouで自分達の理想とする4haの畑と醸造施設を購入。畑は全てビオディナミで管理をし、今後も畑を増やしていく予定である。畑、葡萄からの要素を無駄なく全面にワインに移す事を目標としている。そのため発酵前のオリ引きはせず、白に関してはオリと一緒に発酵させ、赤に関しては絞ったワインは全て熟成タンクへ移しロスや無駄を極力なくす。今後はピノドニスやシャルドネなどの他の品種へのチャレンジもしてみたい。Anjouに移り住んだばかりの新参者で、深い意味でのテロワールの理解、それにあった醸造を全て理解できてはいません。これから毎年より良いワインが造れるようステップアップしてまいりますので、応援よろしくお願いします。周りにいる生産者から日本はとても良い国と聞いていて、いつか訪問してみたいと思っている。

>>ドメーヌ・ド・トリベル商品



その他のワイナリーのご紹介


  • Jacques Lassaigne (ジャック・ラセーニュ)
    シャンパーニュ(Champagne)